2018年02月10日

初段に昇段することが出来ました

本日将棋ウォーズで初段に昇段することが出来ました

【昇級位履歴】
2017年2月4日  将棋ウォーズ開始
2017年2月21日 3級に昇級
2017年3月10日 2級に昇級
2018年1月16日 1級に昇級
2018年2月10日 初段に昇段

棋力上昇記録.png
横軸 経過日数
縦軸 等級+達成率(級位は負の整数で表現)

グラフの真ん中あたりに現れる2級の山でその時点での棋力の限界を感じて
しばらく実戦を控えてひたすらにトレーニングを繰り返していました

元奨励会員アユムさんのブログの下記の記事が大変参考になりますので是非ご覧になってみてください
自分はこのアユムさんの方法を出来るだけ忠実に実行したつもりです
記事を書いて下さったアユムさんには感謝の気持ちで一杯です

初段になるまでに解いた詰将棋・次の一手の問題数は
3手詰め 2878問
5手詰め 1650問
7手詰め 256問
次の一手 5608問
でした
5手詰めをメインに解いていましたつもりですが問題数としては次の一手がとても多くなりました
次の一手も棋力の向上にとっては重要だと思います

1級の後半では課金して沢山指したのですが一時は94.7%から50%ぐらいまで達成率を落としてしまう
スランプもあり苦労しましたがなんとか昇段に漕ぎつけることができました
初段になったとはいえまだまだ実力が足りないことを痛感しています
今後は初段として強くなることはもちろん二段、三段と棋力を向上していけるよう取り組みたいなと思います


【初段になるための珠玉の棋書】
どのサイトでも大抵お勧めにあがっている一冊 問題を簡単に感じるようになれば棋力が向上している証拠だと思います。2周しました

上の本と同シリーズ。内容は優れています。2周繰り返しました

名著中の名著。2周繰り返しました。今後も繰り返し周回するつもりです

将棋は美濃囲いとも言われるように、美濃囲いを崩すことが出来れば必ず勝率はUPします
2回周回しました

5手詰めとしてはかなり簡単な部類で自信がつき、さらに実戦形で即効性もあります
現在2周目

形の良い問題が多く、詰み手筋を学ぶことのできる一冊です。実戦形に近い形が多くバランスの良い良書です。
現在3周目

とにかく覚えることの多い居飛車党に朗報です。破壊力抜群でなおかつかなり作戦を限定して磨くことが出来るのでお薦めできます。

上の本と同じ作者の本です。安価なのでお試しにも良いと思います。
posted by ロタ(Rota_JP) at 13:27| Comment(0) | 将棋の勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: